MENU

ロゲインの副作用って怖いの?

 

ロゲインという名前を聞いたことありますか??
リアップなら聞いたことある人が多いのではないでしょうか?

 

 

 

 

 

リアップの海外版と言われるものがロゲインになります。


 

成分と言うことではロゲインもリアップも同じもので日本で販売しているか海外で販売しているかの違いになります。

 

リアップ・ロゲインともに有効成分はミノキシジルです。

 

リアップと同じ成分のロゲインに多くの注目が集まっているのですが、その理由としてあげられるのが同じ成分なのにロゲインの方が価格が安いということなんです。

 

 

 

リアップは国内で認可を受けている薬であり、ロゲインは認可を受けている薬ではありません。
しかし、購入できないということはなく海外で並行輸入などの方法により購入が出来、リアップよりも遙かに安い価格で購入することが可能です。

 

 

 

育毛剤は長く続けることに意味があり、続けるためには安い価格であるということに大きなメリットがあります。

 

ただし海外の輸入と言うことでそれなり自己管理や責任も必要ですし、偽物を購入しないようにと言う注意も必要です。

 

そして更に注意をしなければならないことは、医薬品のもたらす副作用がどのようなものかということになります。

 

副作用もしっかり警戒しなければならない

 

ロゲインの有効成分ミノキシジルに対してどのような副作用を懸念しなければならないのでしょうか??

 

 

 

 

 

ミノキシジルはそもそも育毛剤として製造開発された薬ではありません。

 

ミノキシジルの効果としては高血圧の人のための血管を拡張する薬というのが1番メインのものです。
多量に使用することによって血圧を下げすぎてしまうと言うリスクを抱えています。


 

毛細血管を活発化させてしまうことから、ミノキシジルを使用し続けることによって皮膚が赤くなるなどの副作用も報告されています。

 

その他ミノキシジルの気になる副作用をあげてみます。

 

頭痛・意識朦朧・胸の痛み・性的不能・皮膚の紅潮・手、足、顔のしびれや痛み・急速な体重増加・ニキビ下肢、手、足、顔のむくみ・性欲減退・・・など個人差はありますがこれだけの副作用があったことが報告されています。

 

 

ここまで副作用の報告されているミノキシジルを使用して育毛すること問題があるのではないでしょうか。

 

 

副作用の出ない人もいるでしょうし、発毛の効果があった人もいるかもしれません。
でも副作用が出て発毛どころではなくなったという人もいるのではないでしょうか?

 

育毛剤が医薬品ゆえ、このような問題から回避することが出来ないのです。

 

育毛剤は進化しています。
決して医薬品だけの商品ではなく、医薬部外品といわれる部類のものでもきちんと効果を出している育毛剤も販売されているのです。

 

即効性に期待が出来ないとしても、天然成分を使用している医薬部外品の育毛剤を求めて行くべきと言うのが正しい答えなのかもしれません。

 

 

 

 

 

ミノキシジルが使用されている育毛剤を使う率も昔に比べてかなり減ったと言うことが報告されています。


 

副作用が少ない天然成分の育毛剤が次々と販売されたこと、副作用のある育毛剤は効果が期待出来たとしても怖いので使用しないという流れに時代は変化してきているのではないでしょうか?