MENU

フィナステリドの副作用はどんなのがあるの?

 

 

フィナステリドはとても効果的とインターネットで評判です。

 

 

フィナステリドは元々前立腺肥大の治療などに使われていた薬だったのですが、使用した人に育毛の効果が見られるようになってから研究がすすめられ男性型脱毛症(AGA)の治療にも用いられるようになりました。

 

フィナステリドはとても効果的な育毛剤の成分として大変評判だったのでずか、最近どうやらちょっと事情が変わってきたようです。

 

 

なぜかというとフィナステリドが効果が期待出来るものの副作用があるということが認識され始めたからです。

 

海外で最初にフィナステリドが使用され、とても即効性があると言うことでそれが日本にも伝わり、堂々と日本にも上陸し効果も出て人気になったわけですが、使い続けていくにつれだんだんと副作用に悩む人が増えてきたのです。

 

 

医薬品は効果に即効性があるということと同時に副作用があるから医師がしっかり管理をしなければならないものです。

 

しかし医師が管理をしていても個人の体質の差などにより副作用の問題は回避出来ず、育毛剤のようなずっと使用し続けるものは段々と副作用の問題が深刻になっていくのです。

 

実際にアメリカでは副作用に脅える人が増え、フィナステリドを使用するのをやめたという声もチラホラ聞こえてきているそうです。

 

フィナステリドで起こる副作用とは・・・

 

実際にフィナステリドでどのような副作用にはどのようなものがあるのでしょうか?

 

フィナステリドによっておこる副作用の例

 

性欲減退

 

勃起機能の低下

 

うつ

 

肝機能障害

 

精子減少

 

などが挙げられます。

 

 

 

 

 

こういった副作用がでてしまっては実際に薄毛が解消しても喜ぶことが出来ないと言うのが正確な言い方なのではないでしょうか・・・。


 

フィナステリドは薄毛を解消してくれるかもしれませんが、子作りにも影響を敢えてしまう恐れのある怖い薬だったのです。

 

肝臓の機能に障害をもたらすのもアルコールだけではありません。
肝臓に不調がでた原因がフィナステリドだったと言うことも充分に警戒しなければならない問題です。

 

 

フィナステリドに変わる育毛剤とは?

 

まだまだ日本の人たちはフィナステリドの効果のほうばかりに目が行っていて副作用まで気が付いていない人が多いです。
しかし最初の販売国であるアメリカの人は副作用の恐怖を十分に認識しています。

 

 

そして副作用の気になるフィナステリドに変わって今じわりじわりと人気になっている育毛剤は医薬部外品であり、天然成分のものです。

 

 

天然成分だからそれほど効果が期待出来ないのでは?と思いがちですが、やはり製造メーカーの果てしない努力があり、医薬品同等の効果が期待出来ます。

 

育毛剤は長く使用続けるものなので、副作用の恐怖におびえることなく使い続けられる育毛剤を使わなくてはいけません。

 

私達は育毛剤をしっかり選択し、副作用がなく安全でしっかりと効果のでる育毛剤を選ばなくてはいけません。