MENU

カークランドの副作用とは?

 

カークランドについてお話したいと思います。

 

 

育毛剤としてカークランドという名前も私達は頻繁に聞くようになりました。

 

カークランドは米国の企業Kirkland社が製造販売しているミノキシジル系の育毛剤です。

 

カークランドで育毛をしようと思っている人たちは即効性のあるミノキシジルに使用するということです。
がしかし、カークランドは日本で販売されているリアップと成分が似ているのでわざわざリアップではなくカークランドを使用するというメリットが見当たらないような気がしますが実際にはどうなんでしょう。

 

 

 

 

 

ロゲイン・リアップ・カークランドと言うものがミノキシジルの成分の育毛剤であり、ロゲインのジェネリック医薬品がカークランドという商品です。

 

ということが個人輸入で海外に目を向ければかなり安い価格で購入できるということになります。


 

カークランドを選ぶメリットは成分は同じなので価格がカークランド>ロゲイン>リアップということになるからなのです。

 

育毛剤は続けてはじめて効果が期待出来る

 

育毛剤はミノキシジルという即効性が期待できます。

 

しかし、育毛剤は長く使い続けるものです。
ミノキシジルが即効性があるものの副作用が懸念されています。

 

長く使い続けるには価格が安いと言うことは大事なことです。

 

 

ジェネリック医薬品と言うものが信用出来ないと言うことでもありません。
カークランドは効果がみとめられているロゲインと同等と認められている薬です。

 

カークランドでの副作用

 

しかし確かにカークランドも育毛剤として効果的な薬ですが、同時に医薬品は副作用の問題を心配しなければなりません。

 

段々と海外の人たちも医薬品系育毛剤に対しての副作用の問題を懸念し始めるようになって来ました。

 

副作用は使ってからしばらくたってからでないと出ないことが多いのであとになってから問題になることもおおいのです。

 

 

カークランドで果たして私達はどのような副作用を感じることになるのでしょうか。

 

 

 

 

 

ミノキシジルの血管拡張作用による頭部、全身発汗や頭皮のかぶれ、そしてかゆみなどが主な症状となり、それはロゲイン、リアップでも同じです。


 

ミノキシジルの副作用の恐怖から逃れると言うことはミノキシジルの中止以外にはありません。

 

ミノキシジルはもともと医薬品として血圧降下剤のために製造された薬であり、そのために使用していたものがたまたま育毛と言う副作用が見付かったために育毛剤として有効利用されることになりました。

 

血圧降下剤だから、血圧の低い人たちが使用することによって血圧が下がりすぎると言うデメリットもあります。

 

 

副作用に脅えて育毛剤を使用することは正しい方法なのでしょうか。

 

医薬品のミノキシジルは自身の健康をしっかり管理して使用しなければならないものなのです。