MENU

フィンペシアの副作用って何?

 

みなさんはどのような育毛剤を選択していらっしゃるでしょうか。

 

 

フィンペシアという育毛剤も実際に現在かなり評価されています。

 

フィンペシアとはどのような育毛剤なのか・・・

 

フィンペシアは、AGA(男性型脱毛症)に有効的な飲む育毛薬です。

 

フィンペシアが使用出来ない、私はプロペシアではないとダメということはありません。

 

フィンペシアはプロペシアのジェネリック医薬品だから、効果も同程度期待出来ます。
しかし、ジェネリックで効果は同じといっても薬としては違うものなのでまったく同じ効果が期待できるのか?と心配になる人もいると思います。

 

 

 

 

 

フィンペシアの大きなメリットといえばジェネリック医薬品なのでプロペシアよりも安く購入出来るということです。
フィンペシアの登場でプロペシアが高額で使い続けることができなかった私達はかなり育毛剤を利用しやすい環境になったということができるでしょう。


 

実際に日本国内で入手出来るのかプロペシアだけです。

 

なのでフィンペシアを購入するためには個人輸入をしなくてはいけません。
ちょっと購入方法が難しく感じますがそれでも多くの人たちがフィンペシアを現在ネットから購入しているようです。

 

 

 

フィンペシアに含まれている成分はプロペシアと同じフィナステリドです。 

 

 

フィナステリドはU型の5αリダクターゼ酵素を抑制するというメリットがあり、発毛を阻害する成分であるDHTジヒドロテストステロンの生成を防ぎます。

 

フィンペシアの副作用

 

フィンペシアはフィナステリドが成分であり、大変効果が期待出来る育毛剤であることは間違いがありません。
しかし、私達は同時に副作用の問題を医薬品に対して懸念しなければなりません。

 

 

最初は育毛剤に効果が期待出来ると言うことで海外でもかなり話題になったようですが、今は効果だけでなく副作用も強いということでその存在が懸念されています。

 

フィンペシアを使用することでおこる副作用としては

 

性欲減退

 

勃起不全

 

などが起こると言われています。

 

効果があると言われている育毛剤は同時に強い副作用の可能性があると言うことに注目をしなければなりません。

 

女性も育毛剤を使うようになっています。

 

しかし、フィナステリドは女性が使用を禁止されている育毛剤なのです。

 

 

妊娠中の女性がフィナステリドを服用した時、胎児に影響をもたらすという副作用があるとも言われています。

 

ただ女性の人たちも特に妊娠中や更年期ぐらいの時期は薄毛に悩んでいる人も多いのでついついフィナステリドが気になってしまうということもあるのではないでしょうか?

 

 

今は改善されたとも聞きますが、フィンペシアにはそれだけでなく、 キノリンイエローという着色成分が含まれおり、キノリンイエローという着色成分は発ガン性があると言うことで警戒されていた時期がありました。

 

育毛剤は効果的だからそれがいいとすぐに決定出来るものではありません。

 

男性向け・女性向けなどもありますし、いろいろと検討する必要があるのかもしれません。