MENU

薬用シャンプーと育毛剤の違いって何?

 

中には薬用シャンプーと、育毛剤が同じものと捉えている人たちもいるようです。

 

 

そもそも本当に薬用シャンプーに薬と名がつくのは正しい判断なのでしょうか。
薬用シャンプーというものが何ものであるのかしっかり一度チェックしてみることをおすすめします。

 

残念ながら薬用シャンプーには育毛の効果を認めることは出来なかった

 

 

 

 

 

ずっと使用し続けている人たちにはとてもショックなのかもしれませんが、薬用シャンプーをいくら使用し続けてもなかなか育毛効果など期待出来ません。


 

でも全く育毛効果が期待出来ないと言うのではなく、間接的にふけ、かゆみを阻止してくれることによって育毛を促すことはあり得ることです。

 

薬用シャンプーは絶対にNOと言うことではなく、髪の毛が健康的に育つと言う意味では効果を持っているものです。

 

育毛を求めているならやはり育毛剤を使用する

 

 

 

 

 

でも育毛を目的としてただ薬用シャンプーに依存するスタイルは決して正しくはありません。

 

 

 

薬用シャンプーと書いてはあるものの、本当に刺激の弱い成分が使用されていたり、洗った時多少清涼感がある、キューティクルしてくれる成分が多く含まれている程度のものが多く発毛を促してくれるという効果まで入っているものは少ないようです。

 

普通のシャンプーを使用するよりも、薬用シャンプーを使用した方が髪の毛の健康にとってメリットがあるとは思いますが発毛という観点で考えると薬用シャンプーを使用しなくてはという理由は見つかりません。

 

 

 

 

 

ポイントは薬用シャンプーで髪の毛を取りもどすことは不可能と言うことです。


 

AGA(男性型脱毛症)で苦しんでいる人たちも多くいるようですが、薬用シャンプーとは髪の毛に訴えかけるものであり、深く内分に関わっていく成分など一切含まれていません。

 

薬用シャンプーの薬という文字が問題か 医薬部外品に注目

 

私達は薬用シャンプーの薬という文字に誤解して、期待して購入してしまうのではないでしょうか?

 

 

普通のシャンプーよりはちょっと髪の毛が健康的になる効果があるでしょう程度で薬と名がついてまうケースもあるようです。
となると発毛に関してはあまり期待できないということがわかりますよね。

 

 

医薬部外品の位置に立ち、 一定の範囲であれば効果・効能を謳ってもいいことになっています。

 

私達は医薬部外品と言うものにも注目をする必要があります。

 

なぜならこのような実際に育毛効果を期待出来ない薬用シャンプーのような存在がある一方では、同じ医薬部外品でも育毛効果が期待出来る育毛剤もあります。

 

育毛剤と言えば医薬品を特に重視する人たちも多いのかもしれませんが、医薬部外品の中にもかなり期待出来るものがあります。

 

薬用シャンプーは医薬部外品だから駄目ということではなく、きちんと購入する方も見る目を養わなくてはいけないといけない商品なんです。