MENU

薄毛対策で使用されている医薬品の副作用のリスクとは?

 

現在薄毛対策で販売されている育毛剤などはとても効果があり評判です。

 

 

 

 

 

よくCMを見たり聞いたりする商品としてはリアップ、プロペシアなどが有名です。


 

リアップの成分であるミノキシジルという成分も現在とても認知度が高いものとなり、知っている人も多くなりました。

 

育毛剤に興味のある人ならば何度も聞いたことがある名前ではないでしょうか?

 

プロペシアという育毛剤も認知度をあげています。
こちらの成分はフィナステリドであり、こちらも同じ程度認知度を持っているのではないでしょうか。

 

しかしミノキシジルにも、フィナステリドにも効果がある一方で副作用の問題を気にしなくてはいけません。
果たしてみなさんは副作用についてどのくらい知っていますか?

 

段々と事実が判って来た

 

医薬品は育毛効果が期待出来るものが多いのも事実です。

 

最初の話題として効果が先行しますから、私達はどんどんそのようなものに興味を示し購入する人もいるでしょう。

 

そしてしばらく使い続けた後から副作用の問題に気づくことになります。

 

 

まだまだリアップの時代も、プロペシアの時代も、歴史が浅くその副作用について考えている人は少ないかもしれません。

 

今まではそのような育毛剤の効果に浮かれ立っていた時代であったものの段々と副作用の問題を懸念する人たちも増えて来ました。

 

日本よりもアメリカでは顕著に副作用を気にしている人が多いです。
副作用の問題で実際に訴えを起こす人たちも登場して来ました。

 

 

効果に浮かれる時代ではなくなって、そのようなものを使用する人たちも少なくなって来てしまったのです。

 

育毛剤は実際に効果があるかもしれませんが、実際にうっすらと毛が生えるまでは期待出来きます。
しかし、しっかりと濃い太い毛が育つには程遠いという印象持つ人も段々と増えているのです。

 

副作用の問題は大丈夫か

 

ミノキシジルなど薬剤師の監視が必要というもののドラッグストアなどで簡単に購入出来るようにもなりました。
リアップなどいろいろな種類のものがドラッグストアで購入できますよね。

 

 

 

 

ミノキシジルは本来育毛剤としてではなく、高血圧の方の為の血圧降下剤として販売されたものです。


 

育毛効果とは二次的効果に過ぎなかったようです。

 

 

プロペシアもそうです。前立腺肥大症に対する薬として使用されていたものです。

 

そもそもミノキシジルにしてもプロペシアにしても育毛効果自体が副作用のようなものであるのです。

 

 

育毛効果と同じように副作用として他にも影響を及ぼしている可能性も決して否定は出来ません。

 

 

ミノキシジルで起こる副作用として

 

低血圧

 

多毛症

 

ニキビ

 

肌荒れ

 

性的不能・性欲減退

 

という副作用が現在報告されています。

 

 

プロペシアで起こる副作用としては

 

精力低下

 

肝機能障害

 

不妊

 

女性化

 

 

という副作用のリスクを背負っています。

 

 

 

やはり育毛剤について効果だけでなく、今だからこそ副作用について考えていかなければならないのではないでしょうか。