MENU

髪が生える原因と成分

 

薄毛はなかなか解消出来ないとあきらめてしまっている人たちも多いのではないでしょうか。

 

 

現代社会には一杯効果的な成分の育毛剤がある

 

やっぱり私達は育毛剤にしっかりと使うべきなのではないでしょうか?
育毛剤は頼りになる存在です。

 

 

 

薄毛になる原因としては男性ホルモン『テストステロン』が薄毛要素のDHT(ジヒドロテストステロン)に変化してしまうことで起こります。

 

 

 

 

酵素である2型5-α還元酵素と男性ホルモン『テストステロン』が結合してしまうことでDHT(ジヒドロテストステロン)に変化してしまいます。
DHT(ジヒドロテストステロン)は発毛阻害する作用を持っていて薄毛になる原因を作ってしまいます。


 

今、育毛成分として話題になっているものは、フィナステリドです。

 

 

フィナステリドはもともと前立腺肥大や前立腺がんの治療薬として使われていたものですが、使っていた人の毛髪が濃くなるという事例が多々見られ研究が重ねられ育毛に効果があるということがわかりました。

 

 

プロペシアは、この成分を持っている治療薬となります。上に書いたように前立腺肥大の治療薬として開発されたものですが毛髪の成長の兆しが見られることが発見された治療薬です。

 

 

 

 

 

 

そして、もう一つ効果的成分と言えばミノキシジルです。


 

ミノキシジルは、もともと血管拡張剤として開発された成分です。それも発毛効果があることが後々判明しました。
海外で有名なロゲイン、そして、日本のみなさんに有名なリアップも、この成分で作られている育毛剤です。

 

なかなか育毛剤の成分を詳しく知るという機会がないとおもうのでわかりやすく説明してみました。

 

その育毛剤は、本当に効果があると言うものの・・・

 

 

確かにそれら成分の評判は、上々のようです。

 

しかし、本当にずっとそのような成分を使用し続けていていいのか・・・と言う問題も発生します。

 

 

なぜなら、育毛剤とはずっと使い続けていかなくてはいけないというものだからです。
当然副作用など心配になりますよね。

 

 

まず育毛剤によ靴買われているミノキシジルの副作用には

 

低血圧

 

多毛症

 

性的不能・性欲減退

 

ニキビ・肌荒れ

 

などが挙げられます。

 

そして、 フィナステリドの副作用と言えば

 

精力低下

 

肝機能障害

 

不妊

 

女性化

 

癌(がん)

 

うつ

 

肥満

 

といったものがあります。

 

みんなに出るわけではなく個人差もあるでしょうが、副作用が意外に多くて薄毛が改善出来ても喜びにくいですよね。

 

そんな中、、インターネットで話題の育毛剤商品と言えばチャップアップです。

 

 

 

 

 

チャップアップが今、多くの人たちに注目されている理由は、チャップアップに含まれている成分が天然成分だからです。
天然だから、私達に副作用の心配を及ぼすことはありません。


 

ミノキシジルも、フィナステリドも、 そもそも発毛自体も副作用のようなものです。
これ程発毛に効果が期待出来るのなら、私達にきっと思いも寄らない不安要素を招くと考えるのも普通です。

 

そして、チャップアップは天然成分なのに、ミノキシジル、 フィナステリドと同じレベルで発毛効果を示す育毛剤です。
もちろん、どんなに身体に副作用がない代わりに効果が全然期待出来ないのなら育毛剤として全く意味がありません。

 

みなさんも、育毛剤を選ぶ際に成分をしっかり見極め、副作用の問題も考えつつ育毛剤を選ばなくてはいけません。