MENU

薄毛を改善した人の生活習慣

 

薄毛は遺伝と言われることも多いです。確かに遺伝要素の可能性は捨てきれることではありません。

 

ただし、遺伝と言うものの、お父さんが禿げているのに、息子さんは禿げていないと言うケースも多いのです。

 

 

薄毛になりやすい体質を引き継いでいる・・・

 

遺伝と言ってみても直接的薄毛になるという遺伝ではなく、薄毛になりやすい体質を引き継いでいる遺伝と捉えるべきでしょう。

 

そこに薄毛になる原因として男性ホルモンの問題など関わってきます。

 

 

男性ホルモン(テストステロン)が、皮脂腺内の5αリダクターゼによって、 5α-DHT(ディヒドロテストステロン)に変換されます。 5α-DHT(ディヒドロテストステロン)が毛髪に対して大きな影響を及ぼしてしまうのです。

 

DHT(ディヒドロテストステロン)は発毛を阻害する働きがあり薄毛の原因になります。

 

その遺伝だけでは薄毛になるわけではなく、ディヒドロテストステロンにも大きく左右されていきます。

 

ディヒドロテストステロンを抑制する食べ物は、 大豆などと言われています。

 

 

みなさんが知らず知らずのうちにお父さんとは違い、大豆を積極的食べる生活習慣を送っていた場合、気付かないままディヒドロテストステロンを抑制して、薄毛にならずに済んでいるのかもしれません。

 

生活習慣を意識することが大事なこと

 

みなさんは、お父さんがどんな行動をしているか知っていますか?

 

同じ屋根の下に済めば、知らず知らず似た生活習慣になりがちです。
そこに薄毛の原因が隠されているかもしれません。

 

 

 

だから、薄毛にならない為に‘つい’を許さず、お父さんがああいう生活を送っているから、自分は、こういう違う生活スタイルを作ろうと言う心構えが必要です。


 

 

薄毛の為の生活習慣の改善をすることも必要です。
それは大豆を積極的取ることだけではありません。

 

髪の発育にに悪いと言われているものに以下のようなものがあります。

 

不規則な生活

 

睡眠不足

 

栄養不足

 

ストレス

 

がよくないと言われています。

 

不規則な生活を送っていると生活習慣が乱れてしまいますし、睡眠や食事の栄養もとても大事です。
意外かもしれませんがストレスも薄毛にはよくないと言われています。

 

 

 

そのような自分をチェックして、その環境から抜け出していかなくてはいけません。
小さいころからの習慣というものはなかなか抜けにくく、身近な存在である父親の習慣をついつい真似てしまっているということはないですか?

 

 

お父さんを真似て、自分も日々ヘビースモーカーになっているのではないでしょうか。
煙草も決して髪の毛にいいものではありません。そして、アルコールもです。
みなさんは日々日常生活において“お父さん漬け”になってしまっているのです。

 

これでは、薄毛のお父さんから薄毛にならない子供が誕生しないほうがおかしいともいいたいのです。
お父さんをしっかりチェックして、お父さんスタイル回避の策を練る・・・、それがみなさんの生活習慣の改善の方法です。